無職生活

【通信費531円/月】一人暮らし(無職)のネット料金の節約〜楽天モバイル+楽天ひかりの活用法〜

こんにちは、いとまさです^^

2022年7月現在、僕は無職で、

”貯金=残された無職期間(チャンス)”

という認識を持って、賢く節約しながら、貯金を切り崩して生きています。

正直、自分で節約は上手だと思っているんですが、特に自慢したいのが通信費です。

2021年8月から2022年7月まで、

1年間の通信費は531円/月でした。

ちなみにスマホ2台、PC、全てギガ使い放題です。

毎月5,000〜6,000円、高い人で10,000円ものお金を通信費(ネット・スマホ代)に払ってる人がいる中で、月々531円。

この人たちの1ヶ月分の料金で、1年間ネットを使ってきたことを考えると、この節約は相当パワフルだと自負しています。

そして今回は、この ”1年間の通信費を531円/月に節約した方法” を、当記事でまとめました。

そのため、

ヤギ男

通信を安くしたい!どこまで節約できる?

ヤギ子

通信費を安くするためには、どうすればいいの??

と、通信費の節約について考えている人の役に立つと思います。

ぜひ最後まで読んで、賢く通信費を節約する方法を知ってください^^

この記事で分かること

・1年間の通信費を531円/月に節約した方法

・通信費(ネット・スマホ代)を1,838円に抑える方法

いとまさの通信機器&通信費の現状

まず、僕の現在の通信機器や通信状況(ギガ)、通信費の現状をお伝えします。

通信機器

・スマホ①(iPhone 8)

【LINEモバイル】0.5GBまで基本料無料

・スマホ②(OPPO A73)

【楽天モバイル】1GBまで基本料実質無料(2022.10.31まで)

・PC(MacBook Air)

通信費

・2021年8月〜2022年7月:531円/月

(光回線/楽天ひかり/ギガ使い放題)

・2022年8月〜2023年3月(予定):2,300円/月

(光回線/ソフトバンク光/ギガ使い放題)

と、このように3つの通信機器を使っていますが、スマホ単体でネット通信を行うことはありません。

そのため、基本的にスマホの基本料金は発生せず、ネット(光回線)の料金だけ支払っています。

このように、光回線で3つの通信機器は全てギガ使い放題で、1年間、月々の通信費を531円に抑えていました。

いとまさ

8月以降は、同じ条件で実質2,300円になります。

通信費531円/月のカラクリは、楽天ひかりの1年無料キャンペーン

出典:楽天ひかり

ここから、僕がどのように通信費を節約してきたかを解説しますが、一言で言うと、

通信費531円/月のカラクリは、楽天ひかりの1年無料キャンペーンの活用です。

(+ソフトバンク光への乗り換え)

楽天ひかりは、楽天モバイルを契約している人であれば、1年間、基本料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

ただ、楽天ひかり(光回線全般)には、基本料金に加え、工事費と初期費用が必要になります。

楽天ひかりの工事費と初期費用は、次のとおりです。

工事費:16,500円(687円×24回払いに分割可能)

初期費用:880円

※工事費・初期費用ともに、環境により料金が異なる場合があります。詳しくは公式HPで確認ください。

これらの料金も踏まえ、楽天ひかりの1年目・2年目の料金は、次のようになります。

(楽天ひかりは、基本的に2年契約)

楽天光の料金表

基本料工事費初期費用月額料金
1年目0円687円880円
(初月のみ)
760円
2年目4,180円687円0円4,867円
いとまさ

僕が契約した時、楽天ひかりは3年契約で、工事費も36回払いの458円でした。

それにより、1年目の月額料金も531円でした。

このように、楽天モバイルを契約している人であれば、1年間、楽天ひかりの利用料は760円/月です。

(2022年6月30日までに契約した人であれば、531円/月でした。)

そして、楽天モバイルは、データ使用量1GBまでなら基本料金は実質無料です。(2022年10月31日まで)

そのため、楽天モバイルのデータを使用しなければ、通信費は、楽天ひかりにかかる760円(531円)だけです。

実際、僕は楽天モバイルは全く使用しなかったため、通信費はこの531円のみでした。

これが、1年間の通信費を531円/月に抑えた節約法です。

ここまで読んで、

ヤギ男

1年目は安くても、2年目が高くなるんじゃ意味ないよ。

と、思った方もいると思います。

しかし、楽天ひかりの契約は基本的には2年(3年)ですが、途中解約もできます。

そのため、最初の1年のみ楽天ひかりを利用して解約すれば、2年目以降の高くなる月額料金から逃げられます。

ただ、このように”途中解約”と言うと、次は、

ヤギ子

途中解約だと、違約金とか必要になるんでしょ?

と、思いますよね。

実際、通常であれば、楽天ひかりを2年未満で解約するのであれば、違約金と工事費の残債を支払う必要があります。

・違約金:4,180円(月額料金の1ヶ月分)

・工事費の残債:8,256円(1年で解約した場合)

しかし、ソフトバンク光に乗り換えるための解約であれば、これらの費用は全てキャッシュバックされます。

これは、「あんしん乗り換えキャンペーン」というソフトバンクのキャンペーンです。

そして、ソフトバンク光の基本料金は、楽天ひかりと同じで4,180円(集合住宅の場合)ですが、工事費が無い分、こちらの方が安いです。

また、違約金のキャッシュバックだけでなく、ソフトバンク光の契約に伴うキャッシュバックもあり、実際の料金はさらに安くなります。

いとまさ

僕が利用したのは 代理店NEXT で、15,000円のキャッシュバックがありました。

1番下の15,000円が適応されます。

僕の知る限り、この”楽天ひかりを1年利用した後に、すぐソフトバンク光への乗り換えをする方法”が、最安でネットを利用する方法です。

このように、

1年目:楽天ひかり(1年無料キャンペーン)+楽天モバイル(基本料無料)

2年目:ソフトバンク光(キャッシュバックキャンペーン)

と、計画的にネットを利用することで、最初の1年間の通信費を純粋に531円/月に抑えることができました。

2年目はソフトバンク光を利用し、キャッシュバックを考慮すると、2,300円/月になる予定です。

今は760円/月で利用はできない。1,838円/月なら可能。

出典:楽天モバイル

上記した、楽天ひかり+楽天モバイルのキャンペーンを活用した方法が、僕が通信費を節約した方法ですが、残念なことに、

今、同じ方法で楽天ひかりを契約しても、760円/月では利用できません。

その理由は、楽天モバイルの”基本料金0円”が終了してしまうからです。

楽天モバイルの料金体系により、1ヶ月の通信量が1GB未満であれば基本料金は0円でしたが、それが2022年10月31日で終了します。

2022年11月1日から、基本料金は1,078円です。

出典:楽天モバイル

そのため、上記した方法で楽天モバイル+楽天ひかりを利用しても、760円/月にはなりません。

楽天ひかりの料金760円に、楽天モバイルの基本料金1,078円がかかり、1年目の料金は1,838円/月となります。

ただ、1,838円/月でも十分安いです。

いとまさ

光回線の相場が4,000〜5,000円であることを考えると、半額以下だね。

合わせて、2022年7月現在、楽天モバイルを契約すると、8,000pt(もしくは3,000pt)の楽天ポイントが貰えます。

このポイントも考慮すると、1年間の料金は1,000円程度になると考えることもできます。

現在、キャンペーン中!!

このように、今は760円/月で楽天ひかりを利用はできませんが、

1年目:楽天ひかり(1年無料キャンペーン)+楽天モバイル(基本料1,078円)

2年目:ソフトバンク光(キャッシュバックキャンペーン)

と、僕がやった方法と同じやり方で、今でも、1年目の通信費(ネット代)は1,838円に抑えることができます。

2年目のソフトバンク光の料金は4,180円/月ですが、キャッシュバック(15,000円)があります。

楽天モバイル+楽天ひかりで、通信費(ネット代)を節約しよう。

ここまで書いてきたように、楽天モバイル+楽天ひかりの契約で通信費(ネット代)を大きく節約することができます。

1年目:楽天ひかり(1年無料キャンペーン)+楽天モバイル(基本料1,078円)

2年目:ソフトバンク光(キャッシュバックキャンペーン)

この方法で、最初の1年間、月々のネット料金を1,838円にまで節約できます。

2年目以降はソフトバンク光の料金4,180円となりますが、この値段も相場からすると普通で、決して高くはありません。

いとまさ

ソフトバンク光の料金については、キャッシュバックもあるので、実際はもっと安くなります。

この方法は、僕の知ってる中で最もコスパ良く通信費を節約する方法ですが、

ヤギ男

楽天モバイルへの乗り換えとか大変そう。

ヤギ子

楽天モバイルに乗り換えたくない。

スマホのキャリアは、今のままがいい。

と、考える人もいると思います。

しかし、楽天モバイルに乗り換えるのではなく、新規で契約をすることで、この問題は解決します。

むしろ、通信費節約のために楽天モバイルを契約するなら、乗り換えより、新規契約の方がオススメです。

なぜなら、楽天ひかりのキャンペーンが終わる時にする作業が、”同じタイミングでの楽天モバイルも解約”だけと手軽だからです。

メインのキャリアを楽天モバイルに乗り換えていると、また別のキャリアに乗り換えなど手間がかかります。

「楽天モバイルは、楽天ひかりのキャンペーンのため」

と、割り切って新規で契約するなら、MNP乗り換えなど面倒な手続きはせずに、ネットで簡単に契約することができます。

新規で契約するとなると、次は、

ヤギ男

でも、新規契約なら楽天モバイル用に新しいスマホがいるんじゃないの?

という疑問が浮かぶと思いますが、現在使っているスマホがデュアルSIM対応であれば、新しいスマホは必要ありません。

デュアルSIM対応のスマホ1つで、メインキャリアに加えて、追加で楽天モバイルを新規契約できます。

基本的に最近のスマホは、iPhoneXS以降のiPhone、最近のAndroidのスマホは、デュアルSIMに対応しています。

なので、デュアルSIM対応のスマホを持っていれば、今すぐにでも楽天モバイルの契約が可能です。

ただ中には、iPhone8を使ってる僕と同じように、

ヤギ子

使ってるスマホがデュアルSIM対応じゃなかった。

と、いう人もいると思います。

しかし、このように今使ってるスマホがデュアルSIM対応でなかったとしても、大丈夫です。

なぜなら、楽天モバイルの新規契約では、値引きとポイント還元で、スマホ本体が実質1円〜で手に入るからです。

詳しくは、コチラ>>

いとまさ

僕のOPPO A73も、新規契約で実質1円で入手したものです。

ちょっと前は実質1円のスマホも多くありましたが、今現在1円で手に入るのは、Rakuten Hand 5Gのみです。

このように、楽天モバイルの新規契約で端末が必要となっても、その値段は1円〜(1円の機種はRakuten Hand 5Gのみ)。

そして、この1円を除き、月額基本料1,078円以外の費用は何もありません。

初期費用・解約費用もかかりません。

この方法で、スマホが1円で手に入り、1,078円で楽天モバイルを契約でき、楽天ひかりの1年無料キャンペーンが適応されます。

そのため、今使ってるスマホがデュアルSIM対応でなかったとしても、楽天モバイルの新規契約に何も問題はないです。

いとまさ

ただ、新規契約で端末を購入した場合は、端末の割引が優先され、ポイントの上乗せキャンペーンが適応されないです。

なので、料金だけ見ると、やはりデュアルSIMがベストですね。

楽天モバイル契約別比較表

乗り換え新規契約
(デュアルSIM)
新規契約
(端末購入)
月額1,078円1,078円1,078円
端末代割引&ポイントで
実質1円〜
(3,001円〜)
貰えるポイント3,000pt
+
5,000pt
(キャンペーン)
3,000pt
+
5,000pt
(キャンペーン)
3,000pt
実質月額
(ポイント考慮)
(1年間の費用÷12)
411円411円1,078円
補足手続きが面倒これがベスト端末が手に入る

デュアルSIM、端末の購入、いずれにせよ、楽天モバイルの新規契約に必要なのは、最大でも月額1,078円です。

このように、楽天モバイルを契約することで、楽天ひかりの料金が実質760円となります。

契約も解約もネットで簡単にできて、最初の1年間、ネット使い放題で月額1,838円。

楽天モバイル+楽天ひかりは、通信費の節約に本当にオススメです。

いとまさ

1年経過後、すぐにソフトバンク光に乗り換えるということ忘れずにね。

▷楽天モバイルの契約は、コチラ>>

▷楽天光の契約は、コチラ>>

家以外でもネットを使うなら、モバイルWiFiを持とう。

ここまで書いてきた方法が、楽天モバイル+楽天ひかりで通信費(ネット代)を節約する方法です。

冒頭にも書いたように、僕自身、この方法で1年間の通信費を531円/月に節約してきました。

ただ、この方法だと、ネットを不自由なく使えるのは家だけになってしまいます。

そのため、家以外でもネットを使うのであれば、モバイルWiFiの契約をオススメします。

いとまさ

スマホキャリアのデータ量で十分な人には、不要かもしれません。

スマホキャリアのデータは使わず、基本料金は0円

家は、”楽天モバイル+楽天ひかり”で快適に。

外では、必要な分だけをモバイルWiFiで。

これが僕の考えです。

ZEUS WiFi であれば、20GB:980円〜と、非常に安くモバイルWiFiを契約できます。

いとまさ

ZEUS WiFi は僕も使っていたWiFiです。

機械も使いやすいし、何より安い!

ZEUS WiFi の料金

・20GB:980円(6ヶ月目以降 2,178円)

・40GB:1,480円(6ヶ月目以降 2,948円)

・100GB:1,980円(11ヶ月目以降 3,828円)

※最初の値段はキャンペーンなので、途中で値段が上がりますが、それを考慮しても安いです。

▷ZEUS WiFi の契約は、コチラ>>

また、家でも外でもバリバリ通信を行うという人であれば、そもそも楽天モバイル+楽天ひかりは契約せず、「 カシモWiMAX 」1つを契約するのがいいかもしれません。

カシモWiMAXは、通信量無制限・ギガ使い放題のモバイルWiFiで、月額料金は3,980円です。

このカシモWiMAXを契約して、スマホのキャリアを基本料0円のpovoにすれば、家でも外でもギガ使い放題で、通信費は3,980円になります。

光回線と比べると、やはり少し劣りますが、通信速度も十分です。

▷カシモWiMAXの契約は、コチラから>>

このように、色々な組み合わせがあるので、自分のライフスタイルに合ったサービスを選んでください。

いとまさ

僕のように無職で、基本的に家から出ない人でない限り、モバイルWiFiは必須ですよね〜。

▷ZEUS WiFi の契約は、コチラ>>

▷カシモWiMAXの契約は、コチラから>>

まとめ

この記事のまとめ

・1年間の通信費を531円/月に節約した方法は、”楽天モバイル+楽天ひかり”。

・今でも、”楽天モバイル+楽天ひかり”で、通信費(ネット・スマホ代)を1,838円に抑えられる。

以上が、一人暮らし(無職)の通信費の節約方法でした。

1年間、通信費531円/月。

自分でも「賢く節約できたな〜」と思っています。

あなたも、”楽天モバイル+楽天ひかり”を活用して、賢く通信費を節約してください^^

▷楽天モバイルの契約は、コチラ>>

▷楽天光の契約は、コチラ>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です