日々の暮らし

タイトルの意味を本気で考察した。【映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」】〜ネタバレ注意〜

出典:Amazon Prime

こんにちは、いとまさです^^

先日「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という映画を観たのですが、心に響く良い映画でした。

公開日2011年
出演者トム・ハンクス
(父:トーマス)
サンドラ・ブロック
(母:リンダ)
トーマス・ホーン
(主人公:オスカー)

で、映画を観終わった後、いつものように色んな人のレビューとか、考察を見てたんですが、その時、あることに気付きました。

それが、

タイトルの意味を安直に捉えて、映画のメインテーマを母親の愛情だと思ってる人が多い!!

と、いうことです。

たしかに、ラストのプチどんでん返しを示唆しているかのようなタイトルですし、そう思ってしまうのも自然ですよね。

でも、この「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ってタイトル、あくまで邦題で、オリジナルのタイトルは「extremely loud & incredibly close」です。

このオリジナルのタイトルを知った上で映画を観ると、タイトルに含まれた別の意味や、映画の本当のテーマを読み取ることができます。

というわけで、今回、オリジナルのタイトルを元にして、このタイトルの持つ本当の意味映画のテーマを考察し、この記事にまとめてみました。

ヤギ男

映画の「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観たけど、タイトルの意味って、結局お母さんのことだよね?

てことは、あの映画のメインテーマって母親の愛情か。

と思っている人は、この記事を読むことで、この映画に対する捉え方が変わるかもしれません。

ぜひ、最後まで読んで、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というタイトルに込められた、本当の意味を知ってください。

(あくまで僕の考察ですが。)

この記事で分かること

・映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のテーマ

・タイトル「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の意味

ここから先は、映画を観たことを前提に、ネタバレありで考察を書いていきます。

まだ映画を観ていない人は、ぜひ映画を観てから、ここから先を読んでください。

アマゾンプライム対象作品です。

映画のテーマは喪失からの立ち直り。+αで母親の愛

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

まず、この映画の1番のテーマは、母親の愛情ではなく、喪失からの立ち直りです。

9.11テロ事件という理不尽な出来事によって急に最愛の父を亡くした主人公のオスカーは、最後の電話に出なかったという自らの後悔もあり、父の死から立ち直ることができません。

しかし、父の遺した鍵に合う鍵穴を探す過程で多くの人に出会い、また、その人達も辛い過去やそれぞれの問題を抱えながらも、強く生きていることを知ります。

このことがオスカーの心に変化を与えて、最終的には、誰にも話せなかった自分の辛い過去の過ちについても打ち明け、向き合うことで、父の死を乗り越えます。

このように、辛い過去の出来事に囚われていたオスカーは世界を見て、自分以外にも悩みや問題を抱えている人の存在を知り、また多くの人の助けによって、最終的にこの喪失から立ち直ります。

また、オスカーの母親も祖父も、夫/息子の死がきっかけとなり、オスカーと向き合いその絆を深めて、強く生きていきます。

このように、この映画に出てくる人(残された人)は、大切なものを失っても、その喪失を乗り越えて、強く前に進んでいきます。

この喪失からの立ち直りこそが、この映画の1番のテーマです。

そして、そこに+αとして、オスカーの行動を見守り続けていたという、母親の愛情も含まれていると思います。

そう、+αとして!!

しかし、この+αとしての母親の愛情が映画のメインのテーマだと、多くの人に思われており、その理由は、

① この、母親がずっと見守り続けたという事実が、映画のオチ(=どんでん返し)に使われていること

② 邦題の”ありえないほど近い”が、母親を示唆していること

の、2つのだと思います。

特に後者の邦題!!

タイトルは映画にとって、非常に重要なものです。

そのタイトルが母親について言及するのであれば、自然と映画のテーマ自体もそうであると思ってしまいます。

この”ありえないほど近い”は、オリジナルのタイトル“incredibly close”を翻訳したものです。

でも、”close”って”近い”って意味だけでしたっけ?

”close”には、複数の意味がある

邦題の”ありえないほど近い”が最後のオチでもある、ずっと見守ってきた母親のことを表しているのは間違いないでしょう。

しかし、この邦題は、オリジナルの”incredibly close”を翻訳したものであり、この”close”には、他にも意味があります。

closeの意味

・ごく近い、接近した(形容詞)

閉ざされた(形容詞)

閉じる、塞ぐ(動詞)

など

この”close”の意味をどう捉えるかによって、タイトルの意味が変わってきます。

”近い”存在は、母親

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

この”close”を、”近い”と訳したときに、タイトルが意味するのは、オスカーの母親でしょう。

オスカーが気付かなかっただけで、ずっと見守ってくれていた母親。

その存在は、”ありえないほど近かった”ってわけですね。

また、”近かった”のは、鍵穴のありかという考察もあります。

たしかに、結局のところ、父の残した鍵の合う鍵穴は、1番はじめに訪ねたブラックさんの元夫の貸し倉庫でした。

どちらとも、納得のいく考察です。

でも、それだと、タイトルの”ものすごくうるさくて、”は、何を表しているんでしょう?

オスカーはアスペルガー症候群の疑いがあり、電車や飛行機、行き交う人達の音にさえも、彼にとってはうるさい騒音です。

しかし、”ものすごくうるさい”が表すものが、このオスカーの感覚だとすると、タイトルの「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、意味がよく分かりません。

このタイトルに込められた本当の意味は、“close”を近いではなく、“閉ざされた”と訳することで見えてきます。

閉ざされているのは、父親の口

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

”close””閉ざされた”と考えたとき、閉ざされているのは、死んだ父親の口です。

最愛の父親は、9.11テロの犠牲となり、二度とオスカーに話しかけることはありません。

しかし、オスカーは、この会うことも話すこともできない父親の声を、テープを再生することで、何度も何度も聞いています。

この父親の声は、オスカーにとって懐かしく、良い思い出だけを与えてくれるものである一方、電話に出れなかった自分の罪悪感や、後悔を刺激するものでもあったでしょう。

映画の後半、本来の鍵の持ち主であるブラック氏に全てを打ち明けるときに、この罪悪感や後悔を打ち明けます。

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

このような描写から、父親の声はオスカーにとって、自分を執拗に責める“ものすごくうるさい”ものでもあった、と考えられます。

”loud”には、”うるさい”の他にも、”執拗(しつよう)な”という意味もあります。

このように、オスカーの罪悪感を執拗に刺激する”うるさい”声ですが、その声の主は死んでおり”口を閉ざして”話すことはありません。

もちろん、オスカーが必死になって探している鍵穴に対しても、何一つ助言などありません。

(当たり前ですが。)

つまり、この父親の声は、自分の罪悪感を刺激する”ものすごくうるさいもの(extremely loud)”なのに、その声の主である父の口は”驚くほど閉ざされている(incredibly close)”といった矛盾がそこにはあります。

そして、この矛盾が表しているものがオスカーが乗り越えるべき、父親の死であり、これこそが、この映画の1番のテーマ「喪失からの立ち直り」です。

これは映画の話だけでなく、現実でも同じです。

死んだ人間は二度と口を開くことはありませんが、残された人間は、故人の思い出や遺品に心を揺さぶられます。

また、この矛盾という点も、この映画において非常に重要です。

作中で、オスカーは

「パパとよく”矛盾語合戦”をやった」

と、言及していることからも、矛盾がこの映画において、父親を連想させるものだと分かります。

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

この矛盾が父の死を表しているからこそ、父が残した鍵をめぐる旅も「extremely loud & incredibly close」という名前の調査結果で締めくくったのでしょう。

(これが、父の死を乗り越えて、次に進んだことを示していると思います。)

出典:「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

この矛盾という点を考慮すると、やっぱりタイトルの”close”は、”近く”ではなく、”閉ざされた”と考えるべきですね。

”近く”と捉えると、近くでうるさいのは当たり前で、矛盾してないですからね。

タイトルの矛盾が、父の死に加え、母の愛を意味してる

出典:Amazon Prime

このように、英題も考慮して、この映画の矛盾したタイトルが示すものは、父の死であり、オスカーが乗り越えたものです。

しかし、これを乗り越えたのはオスカー1人の力ではありません。

オスカーの支えになってくれたのが、旅先で出会った人達、調査を一緒にしてくれた祖父、そしてずっと近く(=incredibly close)で見守り続けてくれた母です。

そして、オリジナルのタイトル「extremely loud & incredibly close」は、メインのストーリである喪失(父の死)を表現しつつ、近くで支えてくれていた母についても言及している、英語ならでは上手なタイトルなんです。

タイトルのとおり、映画では、オスカーが喪失から立ち直り、次に進んでいくという大きなストーリをメインに、オスカーを近くで支えてくれていた母の愛も描かれています。

タイトルを翻訳する過程でメインのストーリが薄れて、母の愛が目立ちゃったんですね。

個人的には、「ものすごくうるさくて、ありえないほど黙ってる」とかの方が、オリジナルの意味に近いのかな〜って思ったりします。

まとめ

この記事のまとめ

・映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のテーマは、喪失からの立ち直り。

・邦題「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、オリジナルの英語タイトルと少し離れている。

・オリジナルのタイトル「extremely loud & incredibly close」が意味するのは、乗り越えるべき父の死と、近くで支えてくれていた母の愛。

以上が、この映画に対する考察と、タイトルに込められた意味です。

ここまで読んで納得してくれた方もいれば、

「何言ってんだ?」

と、感じた人もいると思います。

でもこうやって、同じ映画でも、人によって捉え方が違ってくるのも、映画の良いところですよね。

いろんな映画を観て、いろんな考え方を知って、自分の人間としての幅を広げていきたいですね^^


別の記事で、ラストのどんでん返しが凄い映画をまとめてます。

良かったら読んでみてください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です