自衛隊

【体験談】自衛隊を辞めると決めてから、やった5つのこと!〜退職までの流れと準備・手続き〜

こんにちは、いとまさです^^

今回の記事は、

ヤギ男

近いうちに自衛隊を辞めようと考えてるんだけど、上手に辞めるにはどうすれば良いんだろう?

というような、悩みを持っている人に向けて書きました。

僕は、2021年6月に自衛隊を退職したのですが、その際、しっかりと準備を整えて、有給休暇やボーナスなど、利用できるものは最大限利用し、上手に退職することができました。

この記事は、僕が自衛隊(仕事)を辞めるまでに実際にやった行動を、退職するまでの流れに沿って、まとめています。

ヤギ男

利用できるものは利用して、上手に自衛隊(仕事)を辞めたい。

と、退職を考えている人の参考になれば幸いです。

この記事で分かること

・退職するときの流れ

・退職までに僕がやった5つのこと

退職するときの流れは、5つの段階に分けられる

退職までの5STEP

僕の場合、退職するときの流れは、

1 退職届を出すまで

2 退職届を出して、業務の引き継ぎ

3 残っている休暇の処理

4 退職手続き

5 退職後の手続き

の、5つの段階に分かれていました。

各段階でのやることは、それぞれ次のとおりです。

退職届を出すまで

この退職届を出すまでの段階では、残っている休暇やボーナス、次の仕事や住所など、いろいろなことを考慮して、「退職に向けての動き出しから、次の生活までの計画」を立てる段階です。

正直、ここでいかに綿密な計画を立てるかが、上手に仕事を辞める上で、1番重要です。

ここで綿密な計画を立てることができれば、後は、それを計画どおり実行するだけです。

後ほど説明する、「僕がやった5つのこと」のうち、3つのことが、この計画を立てることに関することです。

退職届を出して、業務の引き継ぎ

次が、上司に退職する旨と退職希望日を伝えて、業務を同僚に引き継ぐ段階です。

実際に退職届を書いて提出することが一般的かもしれませんが、僕は口頭で伝えました。

上司が了解したところで、同僚に業務を引き継ぎ、自分が休暇処理で職場を離れても、業務が滞りなく進むようにします。

残っている休暇の処理

業務の引き継ぎが終わったら、残っている有給休暇や代休の処理に入ります。

この時の過ごし方は、人それぞれだと思いますが、僕は退職後の生活に向けての準備や勉強に、時間を費やしました。

今までに休めなかった分、温泉旅行などして、ゆっくり休んだりする人もいます。

一方で、休暇が残っていない場合には、退職まで引き続き出勤する必要があります。

退職届を提出して、正式に退職に対する辞令が出たら、退職のための各種手続きを開始します。

しかし、退職届を出して、希望した日に退職することが殆ど決まっていても、正式な辞令はギリギリまで出されず、「残った休暇を処理しつつ、手続きのために動き出せるのを待つ」という状態でした。

僕の場合は、退職希望日の1週間前に正式な辞令が出て、そこから各種手続きを開始しました。

ここでの手続きは、

・住民税の支払いに関する手続き

・退職所得の受給に関する申告書作成

・会社(自衛隊)からの貸与品の返却

・退職後の社会保険に関する手続き

・源泉徴収票に関する手続き

・離職票に関する手続き

・年金に関する手続き

・雇用保険に関する手続き(退職金が一定額以上ある公務員は適応されない)

と、最低でもこれだけありますが、1つ1つ説明していると長くなるので、こちらの記事を参考にしてください。

また、この本にも、流れに沿ってやることがまとめられており、すごく助かりました。

退職後の手続き

見落としがちですが、退職に必要な手続きが終わり、会社というコミュニティから抜けたら、次は新しいコミュニティに入るための手続きが必要です。

これは、転職する人だけでなく、起業する人、もしくは、しばらく無職でいる人も同じです。

僕の場合、「無職として、引越し先の市町村というコミュニティに入る」ための手続きが必要でした。

住所が変わらなかったり、無職ではなく転職で、別の会社に入るための手続きだったり、人によって違うと思います。

僕の場合は、地元への引っ越しもあり、また、会社員(自衛隊員)から無職と、環境と立場が大きく変わったので、手続きも多かったです。

・マイナンバーの住所変更

・健康保険の手続き

・税金の支払い登録

・年金の支払い登録

・転出、転入届けの提出

・引っ越しに伴う、各種住所変更

・電気、ガス、水道の契約 などなど

人によって、必要な手続きは変わってきますが、引っ越しに伴うやることについては、下の記事が非常に役立ちます。

退職までにやった5つのこと

退職のためにやった5つのこと

ここからは、僕が退職するまでに実際にやった5つのことについて紹介しますが、これは一言で表すと「周到な準備・計画と、その実行」です。

そして、特に力を注いだのが準備と計画であり、僕がやった5つのうち3つは、この準備と計画に関することで、退職届を出す前にできることです。

順に、振り返っていきます。

本を読んで、知識をつけた

退職を決意したときの僕は、退職について「何が分からないか」も、分からない状態でした。

伝わりますかね?笑

そのため、退職について、とりあえず多くの情報を集めました。

辞めるまでに、どんな手続きが必要なのか?

有給休暇は使い切れるのか?

ボーナスは貰えるのか?

退職後の税金はどうなるのか?

さらに、僕の場合は、(一旦無職になりますが)起業も考えていたので、社会保険や税金、年金など、全ての手続きを自分で行うことを見越して、仕組みから節約の方法まで、徹底的に勉強しました。

結果、5.6冊の退職に関する本を読み、毎日ネットで情報を調べましたが、やっぱり1番役に立ったのはこの本です。

(上で紹介したものと同じですが、再度リンクを貼っておきます。)

この本を1冊しっかり読んで理解するだけで、退職時の手続きはもちろんのこと、健康保険、年金、税金といった、退職に必要な知識が身につきます。

本当に、オススメです。

この本に書かれていない、重要なことは2つくらいです。

1、有給休暇を消化する権利は、法律で守られている。

2、雇用保険は基本、公務員には適応されない。
(退職金が少額の場合は適応されるが、その額は個人差があり、ハローワークで確認が必要)

有給休暇とボーナスを計算して、退職届を出す日と、退職日を決めた

辞めるのに必要な知識は十分に身についた!と感じてから、「いつ退職届けを出して」「いつ退職するか」これらについて考えました。

まず、使い切っていない有給休暇や代休が、かなりあったので、それらを使い切ることを、はじめに考えました。

いとまさ

仮に、明日から有給休暇を全部使ったとして、辞めるのは最速で◯月◯日か。

でも、そのすぐ◯ヶ月後はボーナスか。

それなら、もう少し経ってから休暇を取れば、ボーナスに被るな。

というように、今残っている休みと、ボーナスのタイミングなどを計算して、「退職届を出す日」と「退職(希望)日」を決めました。

退職までのスケジュール

退職金の話はこの記事でまとめてます。よかったらどうぞ。

やることリストを作った

退職届を出す日と、退職(希望)日を決めてから、僕がやった3つ目のことが、「各時期でやることをまとめた、やることリストの作成」です。

僕は、退職までの時期を以下のように分けて、その時期でやるべきことをリストアップしました。

退職までにやることリスト

①:退職届を出すまでにやること

②:休暇処理中にやること

③:退職手続きでやること

④:退職後の手続きでやること

以下は、各時期にやることの例です。

(僕の場合であって、人によって変わると思います。)

やることリスト①:退職届を出すまでにやること

退職届を出すまでにやることは、退職後の生活のための計画ですね。

「辞めてから起業するまでどのように過ごすのか」「それまでの生活費はいくら必要なのか」「今の貯金だけで何年生きられるのか」などをはっきりさせ、具体的に細かく計画を立てました。

それに伴って、自分の財産の洗い出しや、本当に必要なもの以外の売却を行なって、自分の持っているお金を確保、把握しました。

退職届を出すまでにやることの例

・退職後の生活費の計算

・貯金(持っている財産)の把握

・不必要な保険の解約

・不必要な物の換金 などなど

やることリスト②:休暇処理中にやることの例

休暇処理に入ってから、本格的に次の生活に向けた準備を始めました。

僕の場合、起業を計画していたので、資格の勉強や、起業に必要な準備に時間を費やしました。

この休暇が、組織の割引や社会的地位が認められる最後の時なので、利用できるものは利用しておきましょう。

もし、退職後に何らかの理由で、銀行口座やクレジットカードが必要になるなら、会社員(自衛隊員)としての社会的信用を利用して、この時に作っておくことをオススメします。

僕もこの時に、仕事用の銀行口座と、仕事用のクレジットカードを作りました。

休暇中にやることの例

・銀行口座の開設

・クレジットカードの契約

・団体割りを利用して人間ドック

・引っ越しの準備(引越しする場合) などなど

上でも紹介しましたが、引っ越しの時に参考になる記事を貼っておきます。

やることリスト③:退職手続きでやることの例

退職時に必要な書類や手続きについても、抜けがないようにリスト化してました。

リスト化したやることは、上の「退職手続き」で書いているとおりです。

やることリスト④:退職後の手続きでやることの例

これも退職手続きと同じで、やることをリスト化してました。

退職後の手続きや、引っ越しに伴いやることは、個人によって違うので、上の「退職後の手続き」で書いていることと、参考記事で確認してください。

このように、「退職届を出す前から、退職して落ち着くまでの全て」をやることリストとして、可視化させてました。

退職届を出した

退職届

リストの話は終わり、ここから僕がやったことの話に戻ります。

今までが「準備・計画」で、ここからが「実行」ですね。

綿密な計画のもと、やることリストが完成したら、できる範囲でやるべきことをやっていきました。

そして、自分で決めた「退職届を出す日」になったところで、退職届を提出し、退職する旨を伝えました。

上司に辞めたいと伝えても、殆どの場合、引き止めがあると思います。

けれど「絶対に辞める!」という強い意思を持って、それを伝えれば、必ず辞めることができるので大丈夫です。

僕はこの引き止めを見越して、退職の理由を「起業したい」とは言わず、「介護などの家庭の事情(嘘ではないですよ)」としたのですが、職場の人との関係を考えると、全部を素直に言えるならそれがいいですね。

嘘をついたわけでなかったですが、一部隠していた部分もあったので、その後の人間関係が、やや気まずくなりました。

それでも、K先輩のように最後まで面倒をみてくれる先輩もいたので、あなたの周りにも味方になってくれる人はいるはずです

何はともあれ、計画した時が来たら、退職届を出して、辞めることを伝えるだけです。

この時に、「退職日までに、残りの休みを全部消化する旨」も、合わせて伝えておくといいと思います。

僕の場合もそうですが、最初「全部の休みは使わせてあげられない」と言われることがあります。

しかし、有給休暇の権利は法律で認められているので、全部使い切ってから辞めることをオススメします。

「なぜ、使うことができないのでしょうか?」と、柔らかい物腰で話し合いましょう。

淡々と、やることをやっていった

退職届を出して、「有給休暇の処理」「退職(希望)日」が認められたら、あとは淡々と、自分の作ったやることリストに沿って、やるべきことをやるだけです。

ここで、やるべきことに迷わないように、計画の段階で、しっかりとやることリストを作っておくといいと思います。

まとめ

この記事のまとめ

退職するときの流れ

  1. 退職届を出すまで
  2. 退職届を出して、業務の引き継ぎ
  3. 残ってる休暇の処理
  4. 退職手続き
  5. 退職後の手続き

退職のためにやったこと

  1. 本を読んで、知識をつけた
  2. 有給休暇とボーナスを計算して、退職届を出す日と、退職日を決めた
  3. やることリストを作った
  4. 退職届を出した
  5. 淡々と、やることをやっていった

以上が、退職するときの流れと、その時に僕がやったことです。

繰り返しになりますが、上手に仕事を辞めるには、綿密な準備・計画が必要です。

また、「仕事を辞めたい」と思っていても、自分が「何を分からないか」も分からない状態だと、不安や恐怖で動き出せないと思います。

そのため、まずは、必要な知識・情報を身につけるといいと思います。

身につけた知識をもとに、綿密な計画を立てて、あなたが上手に仕事を辞めることができることを祈ってます^^


当たり前ですが、仕事を辞めると収入がなくなります。

今のうちに、無理のない節約で、支出を抑えられるようにしておきましょう^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です